Day2 吉田愛/吉岡美帆組、トップで決勝シリーズへ

November 21, 2019

 

 

 

レース日2 日目は晩秋らしい澄み渡った青空の下、予選シリーズ4 レースが行われました。風は昨日より弱まり5~8 ノットでしたが、風の強弱や風向が変則的に変わる難しいコンディション。そんな中、実力を発揮したのが東京2020 五輪470 級女子日本代表の吉田愛/吉岡美帆組です。4 レース中3 レースでトップをとり暫定1 位に上がりました。

 

吉田/吉岡組

 

 

2 位には大学生コンビの田中美紗樹/佐藤拓海組、3 位には全レースを手堅くまとめた小泉颯作/中川大河組が続いています。田中/佐藤組、小泉/中川組は昨日の第1 レースでトップとなり、レース後に行われたレセプションで「重由美子メモリアル賞」が手渡されました。

 

メモリアル賞のメダルを持つ(左から)佐藤、田中、中川、小泉選手

 

4位の近藤康史/横井駿組、5 位の小木曽涼/兼子烈組(慶応大学)は同ポイント(着順により順位が決定)と拮抗した戦いを繰り広げています。「今日はスタートが上手くいったのでレースメイキングがやりやすかったです。僕たちは軽量コンビで明日からは風が強くなる予報ですが、走り負けず(上位10 艇の)メダルレースに残れるようにがんばります」(小木曽涼選手)

 

小木曽/兼子組


明日から成績上位35 艇がゴールドフリート、下位34 艇がシルバーフリートに分かれた
決勝シリーズが始まります。明日は最初のレースのスタート予告信号が10 時30 分に発せ
られ、3 レースが行われる予定です。

 

 

 

《成績/第5 レース終了時点》
1 位: 吉田 愛/吉岡 美帆(ベネッセセーリングチーム) 5 点
2 位: 田中 美紗樹/佐藤 拓海(早稲田大学/九州大学) 6 点
3 位: 小泉 颯作/中川 大河(トヨタ自動車東日本/福井県体育協会) 10 点
4 位: 近藤 康史/横井 駿(シーワード/明治大学) 12 点
5 位: 小木曽 涼/兼子 烈(慶応義塾大学) 12 点
6 位: 元津 大地/今村 公彦(鹿児島県セーリング連盟) 14 点
7 位: 小泉 凱皇/松本 健汰(早稲田大学) 15 点
8 位: 宇田川 真乃/福田 桃奈(ヤマハセーリングチームRav’s/霞ヶ浦高校ヨット部)
17 点
9 位: 柳内 航平/久保田 空(慶應義塾大学) 17 点
10 位 本多 佑基/狩野 弁慶(日本大学ヨット部) 17 点


総合成績 https://www.alljpn470.org/

 

 

《大会スケジュール》
Day-3(11/22 金) 10:30 決勝シリーズ
Day-4(11/23 土) TBA 決勝シリーズ
Day-5(11/24 日) TBA 決勝シリーズ
TBA メダルレース(上位10 艇)/ラストレース(11 位以下)
TBA 表彰式・閉会式(江の島ヨットハーバー内)
※天候等によりスケジュールが変更になる可能性があります。風が吹かない、あ
るいは安定しないことによる「風待ち」、強風等によってレースが「延期・中
止」になる場合もあります。
※ラストレースは12:00 以降にはスタートしません。
※メダルレースは14:00 以降にはスタートしません。
※メダルレースが実施できない場合はそれまでの成績が最終成績となります(順
延はありません)。  

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

The latest article

October 18, 2019

Please reload

Please reload

Please reload

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle

ORGANIZERS

PARTNERS

SPONSOR

Copyright © Int 470 CLASS  JAPAN CHAMPIONSHIPS 2017. All Rights Reserved