Day2

台風20号の影響で大きなうねりが入るコンディションの中、予定より約1時間遅れで始まりました。今日は南からの風が徐々に強まる中、2レースを実施。五輪メダリストが圧巻の走りを見せ首位を守る一方、日本上位陣も僅差の戦いを繰り広げており今後の展開から目が離せません。予選シリーズは本日で終了し、明日から決勝シリーズ(最大6レース)が始まります。

Mathew Belcher/Will Ryan組(オーストラリア)は、リーチングでの圧倒的なスピードと、抜群のボートハンドリングで後続を大きく引き離す万全のレース運びで、今日行われた2レースをいずれもトップフィニッシュしました。昨日3位の岡田 奎樹/外薗 潤平 組は順位を一つ上げ2位に、高山 大智/今村 公彦 組も昨日6位から4位に浮上しています。

総合10位に付けているのが、女子1位のSilvia Mas Depares/Patricia Cantero Reina組(スペイン)です。スキッパーのDeparesは今日が23歳の誕生日。レース後に行われたレセプションでは主催者からバースデーケーキをプレゼントされ、満面の笑みを見せていました。

レセプション会場では今年も浴衣の着付けサポートが行われ、浴衣姿の参加者たちが、和太鼓の演奏や地元婦人会と一緒に「江の島ヨット音頭」を踊るなど、和気あいあいとしたひとときを楽しみました。

明日8月24日からは上位42艇がゴールドフリート、43位以降がシルバーフリートに分かれ、決勝シリーズが行われます。最初のレースの予告信号は11時の予定です(*当日の天候により開始時刻が変わる可能性があります)。

567回の閲覧
The latest article
  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle

SPONSOR

ピアソン.jpg
HIK.jpg
ベネッセ.jpg
SFbanner.png
ノースセール.png
ヘリーハンセン.png
RIVIERA.png
広告用バナー.png
psj logo 2020470.gif
ファクトリーゼロ.jpg

ORGANIZERS

PARTNERS

470_logo_Enoshima5.jpg

Copyright © Int 470 CLASS  JAPAN CHAMPIONSHIPS 2020. All Rights Reserved