Day 5 – August 22, 2017


Day 5 – August 22, 2017

待望の江の島シーブリーズが到来。11時のスタートで海上に出た時からすでに10ノットを超える南風が吹いており、1日を通して風向は安定したまま、少しずつ強くなり、波も大きくなり、江の島らしい3レースができました。

第8レースは190度、12ノットで、ゼネリコを繰り返して4回目でやっとスタート。ベルチャ―組、磯崎組、土居組を含む数艇がBFDとなりました。市野・長谷川組が前半はリードしましたが、途中からトルコがトップにでて、そのままにげきりました。

第9レースは190度、13-15ノットにあがり、時折、右へのシフトが目立つようになりました。第8レースがBFDで1回休みになっていた磯崎組は1マークからリード。ダウンウィンドでも2位のベルチャ―組を引き離す勢いで、トップをキープしました。

第10レースが決勝シリーズの最後になるため、メダルレースへ残るためにぎりぎりの選手達は必死でした。今大会は前半が軽風、今日が強風ということで、前半に強かったチームは今日の3レースで撃沈、前半苦戦した吹きが得意なチームは今日が稼ぎ時、合計すると大混戦という結果になりました。第10レースは18ノットにあがって200度、複雑な波でハンドリングもきついコンディションになりました。これまで苦戦していたベルチャ―組がやっと「らしさ」がでた走りでトップをとりました。

15-18ノットは全員に厳しい風でしたが、夏の日没が遅い時期で、しかも海風が午後になれば吹いてくるということもあり、遅くまでレースができる夏の利点が生かされた大会となりました。これから東京オリンピックまで毎年江の島で全日本です。今年、ゴールドに残れなかった選手はしっかり練習して来年はゴールドに残り、オリンピックチャンピオン達と競いあえるようにがんばりましょう。

明日は10艇によるメダルレースです。ニッポンボーイズが1位から3位を占め、僅差での全日本タイトル争いです。海外勢に負けない走りを披露してくれた市野組、磯崎組、岡田組、明日もベルチャ―組にやられないように全日本チャンピオンを目指してください。

女子のタイトルは今日の結果で決まりますが、女子1位がスペイン、2位に宇田川組が入りました。前半はトップ10にはいる勢いでしたが、強風の3レースでまだまだ技術的なことが足りず順位を下げました。宇田川・関組は、今後が非常に楽しみな全日本女子チャンピオンの誕生です。

海外からのエントリーで江の島へ来られたみなさんには、今大会のコンディションがオリンピックで目指すべきものと理解いただけたでしょうか。オールラウンドで準備をしてください。参加いただき、ありがとうございました。

Finally, ENOSHIMA Seabreeze has arrived with large waves. At 11:00, there was already 10 kt south wind, and it gradually increased. Everyone enjoyed 3 races in REAL Enoshima summer condition.

R8 was 190/12kt, and after 3 general recalls, GF started after the 4th attempt. Belcher, Isozaki, Doi and some others were BFD. It was their favorite condition, and they wanted to catch up, so they were very disappointed. Ichino lead halfway, however, Cinar (TUR) took lead after 2nd upwind which they holded till the finish.

R9 was more increased wind strength to 13-15 kt, and right hand shift started to occur. Isozaki was not sailing R8 as BFD, so he had all his energy saved to this race. It was great to watch Isozaki going downwind, and gaining his lead over Belcher/Ryan.

It was nail biting final race. Early races were sailed under light wind, so those who did well in light wind had hard time today while heavier group enjoyed today to catch up. Consequently, points got closer. Giri-giri Boys needed a really good last race. R10 was 200/18kt with big waves. Belcher/Ryan enjoyed winning this race like their normal style. NIPPON BOYS also sailed well to stay right behind Belcher.

There was enough time to do 2 more races in good sea breeze. Japan 470 Association decided to do the National Championship at Enoshima for 3 years, every August. Japanese sailors have a chance to sail with top overseas competitors, and overseas visitors have a chance to test the Olympic water. Japanese sailors who did not get into the GF, try again next year.

Medal race is scheduled tomorrow with top 10 boats. We are happy to see Ichino, Isozaki, and Okada lined up for 1-3 place with narrow margin. It will be a tensed race. Don’t let it go to Belcher. Nippon Boys, you have to keep the trophy in Enoshima.

Womens championship – Mas/Barcelo finished 1st, and Udagawa/Seki 2nd, who is the new JPN Women’s National Champion. Udagawa sailed very well in light condition in top 10. With more improvement to the strong wind technique, they will soon achieve top ranking.

Those who come from overseas, we are sure that you all enjoyed the various conditions at Enoshima. This is going to be the Olympic condition. Be prepared for everything you had this week.

611回の閲覧
The latest article
  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle

SPONSOR

ピアソン.jpg
HIK.jpg
ベネッセ.jpg
SFbanner.png
ノースセール.png
ヘリーハンセン.png
RIVIERA.png
広告用バナー.png
psj logo 2020470.gif
ファクトリーゼロ.jpg

ORGANIZERS

PARTNERS

470_logo_Enoshima5.jpg

Copyright © Int 470 CLASS  JAPAN CHAMPIONSHIPS 2020. All Rights Reserved