Day5 PERSSON 470 class Japan Championships 2021 最終日岡田/吉岡組の男女混合チームが初優勝


昨日とはうってかわっての晴天を迎えた最終日。


午前中に風が不安定の中、風向40° 5knotの風にてスタートするも第2上マークへ向かうレグの途中で風がなくなってしまい、キャンセルとなった。その後、午前中は風向が定まらずに「AP-H」が掲揚され、選手たちは陸上にて風待ち。


午後を迎え、160~210°の風が少しずつ入り始め、南よりのブローの軽風コンディションにてメダルレーススタート。大きく風がシフトし、各マークでの順位の変動が目立った中で、ブローを継続的につかみ続けた河合 龍太郎/中澤 太郎(ほけんサポート企画(株)/三井住友海上火災保険(株))がトップフィニッシュ。


続いて、予選から安定したレース展開を運んでいた岡田 奎樹/吉岡 美帆 (トヨタ自動車東日本(株)/(株)ベネッセホールディングス)がフィニッシュした。結果、パリを目指し男女混合チームを組んだ岡田 奎樹/吉岡 美帆組の優勝が決まった。





全日本選手権優勝 岡田 奎樹/吉岡 美帆 トヨタ自動車東日本(株)/(株)ベネッセホールディングス



準優勝  小泉 颯作/松尾 虎太郎 トヨタ自動車東日本(株)/山口県セーリング連盟



3位に高山 大智/盛田 冬華 ヤマハ発動機(株)


全日本のタイトルは岡田 奎樹/吉岡 美帆組が手にし、岡田 奎樹選手は昨年に続き連覇を達成しています。女子は田中 美紗樹/永松 瀬羅 (株)豊田自動織機 が女子チャンピオンです。


全日本女子470優勝 田中 美紗樹/永松 瀬羅 (株)豊田自動織機





今大会はコロナ感染拡大防止策で閉会式もオンライン開催。少し見にくい部分もありましたが無事に終わりました。


閉会式終了後、パリを目指している新しい男女混合チームに対して、共同記者会見が開かれ沢山の取材を受けていました。今後の活躍に注目です。


コロナで暗くなりがちの最近でしたが、Persson marine Japan様のメインスポンサーのおかげで華やかに開催が出来ました。


来年度は8月の夏全日本選手権が行われます。皆さんお楽しみに!







360回の閲覧
The latest article