Day5 五輪でのメダルに向けて発進、岡田・外薗ペアが全日本優勝


5日間にわたって開催された、第49回全日本470級ヨット選手権大会 兼 第34回全日本女子470級ヨット選手権大会が最終日を迎えました。

朝まで吹いた北風が午前中になくなった影響で、ゴールドフリート・シルバーフリートのラストレースは中止となり、上位10艇以外のチームは昨日までの総合ポイントにより最終順位が確定しました。昼前から南の軽風が入り、上位10艇のメダルレースが2レース行われました。

得点が倍となるメダルレースを2レース実施するのは世界的に見ても初めての試みです。これにより最大36点差がひっくり返る可能性があり、スリリングなレース展開が期待されます。


このチャンスを最大限につかんだのは市野直毅・松尾虎太郎ペアで、今大会初めて組んだにもかかわらず驚異的なコンビ力を見せ、本日の2レースともにトップを飾りました。これにより昨日までのレースで2位につけていた土居一斗・木村直矢組を逆転し、準優勝の座を獲得しました。



息の合ったコンビネーションを見せた市野・松尾ペア

そして、全日本選手権優勝を果たしたのは、途中、順位を崩す場面もあったものの、最終的には追い上げて3着、2着と実力を発揮した岡田奎樹・外薗潤平ペアです。

「風の強弱にも対応できて、これまで練習してきた成果を確認し、成長を自覚することができた。」(岡田・外薗ペア)

大会を通して安定した走りを見せていた土居・木村ペアは、メダルレースで5着、6着と崩してしまい、総合成績を3位としました。

総合4位の高山大智・盛田冬華ペアは、土居・木村ペアに2ポイント差で惜しくも表彰台の座を逃しましたが、470級が男女混合種目となる2024年パリ五輪に向けての活躍が期待されます。



吉田愛・吉岡美帆ペアは総合5位で、全日本女子タイトルを手にしました。女子2位には鴻上ひかる・坂井友里愛ペア、女子3位には伊藤七瑠・和田萌ペアと、2組の大学生コンビが続きました。



「緊張感のある中でレースができて、レース感覚を取り戻しつつある。モチベーションを保ち、五輪にピークを持っていけるようにしたい」(吉田・吉岡ペア)

本大会では、東京2020五輪が1年延期になったことをポジティブに捉えて、チームとしての成長を目指すトップ選手の姿が印象的でした。来年の3月に開催が予定されている世界選手権、そして五輪での選手の活躍が楽しみです。

また、運営面でも選手と大会本部のコミュニケーションや式典をリモートで行うなど、コロナ禍でも大会が実行可能であることを世界に示しました。


総合成績:https://bit.ly/2KblOtm

422回の閲覧
The latest article
  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle

SPONSOR

ピアソン.jpg
HIK.jpg
ベネッセ.jpg
SFbanner.png
ノースセール.png
ヘリーハンセン.png
RIVIERA.png
広告用バナー.png
psj logo 2020470.gif
ファクトリーゼロ.jpg

ORGANIZERS

PARTNERS

470_logo_Enoshima5.jpg

Copyright © Int 470 CLASS  JAPAN CHAMPIONSHIPS 2020. All Rights Reserved