Day4 メダルへの攻防、舞台整う


今大会は連日風に恵まれて順調にレースが進み、ゴールドフリートではオープニングシリーズ全11レースが完了。トップ10の艇がメダルレース出場選手として選ばれました。

岡田・外薗ペアは4日間を通してトップの座をキープし、圧倒的な強さを見せています。他の上位チームは激しい攻防を重ね、息をのむレース展開が繰り広げられました。

今大会では初めての試みとして、得点が倍となるメダルレースが2レース実施される予定です。これにより最大36点差がひっくり返る可能性があり、何とトップ5チームが優勝圏内にあります。

現在3位の市野・松尾ペア、4位の高山・盛田ペア、5位の吉田・吉岡ペアの得点差がそれぞれ2ポイントと、上位チームの得点が接近するなかで、表彰台の座をかけた熱戦が期待されます。



現在2位の土居・木村ペア

「点差がそこまで離れていないなかで、今までやってきたことを実践して前を走ることが重要。」(岡田・外薗ペア)

「チームとしてもいろいろ学ぶところがあった。お互いにベストを尽くし続けることを考えて、明日も納得できる結果を残したい。」(市野・松尾ペア)


「ミスは許されない。いつも以上に緊張感を持ち、しっかり周りを見て冷静にレースをしたい」(吉田・吉岡ペア)

明日は上位10艇を除くゴールドフリート・シルバーフリートを午前中に行い、昼過ぎからメダルレース2レースを行う予定です。(スケジュール詳細は以下をご参照ください)。

《成績/ゴールドフリート第11レース・シルバーフリート第10レース終了時点》

総合成績:https://bit.ly/3kzg3SC

683回の閲覧
The latest article
  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle

SPONSOR

ピアソン.jpg
HIK.jpg
ベネッセ.jpg
SFbanner.png
ノースセール.png
ヘリーハンセン.png
RIVIERA.png
広告用バナー.png
psj logo 2020470.gif
ファクトリーゼロ.jpg

ORGANIZERS

PARTNERS

470_logo_Enoshima5.jpg

Copyright © Int 470 CLASS  JAPAN CHAMPIONSHIPS 2020. All Rights Reserved