top of page

プレスリリース!◆Day2◆  予選シリーズ成立

予選シリーズが終わり、パリ五輪組が上位を占める

2023年全日本470級ヨット選手権レース2日目


 9月8日、東北で初開催となる「ピアソンマリン 全日本470級ヨット選手権大会 2023」2日目は、台風13号の影響があり不安定な風で3レースおこなわれました。岡田奎樹/吉岡美帆(トヨタ自動車東日本/ベネッセホールディングス)は、3レースすべて1位を取り引き続き首位に立っています。


 台風の影響で曇り空となった名取市閖上沖は、風が大きく振れるなか予定より遅れてレーススタート。8ノット前後の弱い風で、左海面を重要視する岡田・吉岡は好ポジションを奪い、理想のコースで連続1位を取りました。


岡田奎樹コメント

「(明日からの決勝シリーズは)やれることを精一杯やるだけです。レースコースを大きな枠組みで考えていて、2位の磯崎艇だけを意識するとコースをはずして抜かれてしまうかもしれない。そのあたりを注意して走ります」


磯崎哲也コメント

「きょうは耐える場面が多く、むずかしかったです。予選での点数は想定内でした。明日からの(岡田艇との)直接対決で差を縮め、1点1点を大切にしていきたい」


吉田雄吾コメント

「大きな失点なく予選シリーズを終えられました。普段から練習しているので相手の手の内は分かっている。そのなかで自分たちが何ができるのか。自分たちの走りをしたい」


 岡田/吉岡を追う磯崎哲也/関友里恵は後方から追い上げる展開で、大会2日目を1-1-3位で終えました。岡田と磯崎の得点差は3点ですが、決勝シリーズも上位をパリ五輪組の顔ぶれが占めると考えると、得点差は埋めにくい戦いとなるでしょう。3位には同じくパリ五輪を目指して活動する吉田 愛/吉田雄悟(Q'Sfix/ピアソンマリンジャパン)が入り虎視眈々と逆転を狙います。


 全日本470選手権は明日9日から後半戦(決勝シリーズ。6レース予定)に突入。台風の影響でスケジュールが変更される可能性もあります。大会は10日まで開催されます。



予選シリーズを1位で後半戦へ進む岡田奎樹/吉岡美帆。風が弱く不安定なコンディションでも1位を譲らず



◎2023全日本470選手権 参加82艇  6R終了時



閲覧数:308回

Comments


bottom of page