◆Day1◆8月17日 Opening Ceremony 唐津の洗礼



第51回全日本470選手権が佐賀県ヨットハーバー(佐賀県唐津市)で始まりました。

今大会は、77艇がエントリー、内女子チームは4艇、男女のMixチームが18艇となっています。

各水域の予選を勝ち抜いた選手が、北は北海道から、南は鹿児島県まで25都道府県から参加しています。


8/17(水)Day1は、11:00から開会式が行われました。

悪天候だったため、オンラインで開催し、選手のみなさんは雨を避けながらスマートフォンで視聴する形式をとりました。


その後も雨と雷が続きAP+1を掲揚し待機となりました。

雷が落着いてきたので13:40にD旗を掲揚しシリーズが始まりました。



第1レースは190度、8〜16ktの風でSTART、高島の右海面から吹き出しました。

この海面は南の風が大きく振れるのが特徴で上手くブローを掴んだ選手が上位に入りました。


第2レースは210度、15〜18ktと、少し風速も上がったコンディションでのSTARTとなりました。

その後、左からのブローが入りだしたら一気に20ktオーバーの風になり、サバイバルコンディションに早変わり。

幸い波が無かったのでその後も続行し、確実な動作をした選手が上位でフィニッシュしました。


明日もまだ不安定な天気予報ですが、いい風が吹くことを祈ってます。





閲覧数:1,239回