Day 6 – August 23, 2017

August 23, 2017

 

 

最終日はメダルレースのみ行われました。

 

全日本のメダルレースとはいえ、世界チャンピオンのベルチャ―・ライアン組を抑えてニッポンボーイズ3チームが優勝を争うというお膳立てに、メダルレースに進出できなかった選手達が観覧ボートに乗ってレースエリアに集まりました。真夏日の江の島にゆっくりと海風が入り始めたものの、強まることはなく、14時のタイムリミットぎりぎりの13:45にスタートしました。

 

微風のメダルレースは出道組が1マークをトップ回航したものの次のマークでは磯崎組が内側でトップ回航。2上はまた出道組が盛り返したものの、集団は「プロテスト」の声が飛び交う大混戦で回航しました。

 

最後のドラマが待っていたのは2下マーク。磯崎組はフィニッシュマークが目に入り一瞬混乱したのか、2マークへ向かうジャイブが遅れ、岡田組が先に2下マークを回航。そのままトップフィニッシュ。磯崎組が4位まで順位を落としてしまったので、岡田組が逆転で全日本チャンピオンになりました。「棚ぼたですよね。失うものは何もないと思ってレースしましたから、チャンスをものにできてうれしいです。(岡田)」

 

優勝した岡田選手は引き続き、8月28日から9月2日にかけて、同じ江の島で開催される470ジュニア世界選手権に出場します。昨年のドイツ・キールでの大会で優勝したディフェンディングチャンピオンとして出場するわけで、連覇の期待がかかります。

 

みんなのベンチマークになったベルチャ―選手は、「日本の470の層の厚さにびっくりしました。こんなに盛んなクラスで、レースできて本当に楽しかったです。」と、来年からもオリンピック目指して、全日本にも参加してきます。

 

ニッポンボーイズ、全日本タイトルをワールドチャンピオンやオリンピックメダリストにとられずに守りました。8月の全日本は解放感があふれ、初めて見る生メダルレースにゴムボート満員で大勢が海上へ見に行きました。来年からも多くの海外選手が参加する大会となるでしょうし、今年の反省を踏まえて、日本選手は国内最高峰の大会として8月の江の島を目指してください。

 

Last day, only Medal Race was sailed.

 

Many sailors who did not proceed to the Medal Race went out on the spectator boats.  Many support to the Nippon Boys who are narrowly in front of Belcher/Ryan, the current world champion.  On a hot summer day at Enoshima, gentle seabreeze started as usual, however, it did not increase, and the Medal Race started at 13:45 after some waiting on shore.

 

4-5kt of wind filled in the race area, and Demichi (JPN) lead to Mark 1.  On the run, Isozaki managed to over take Demichi, and rounded Mark 2 ahead.  2nd upwind – course has been shifted to left, and shortened its length.  Demichi managed to come back to 1st, and Isozaki was right beind.  Everyone was very close, and few PROTEST shouting for the on the water judge. 

 

Big drama in the end – Isozaki was in a lead, on the finishing mark side.  Somehow, they were late to gybe back to Mark 2, and allow Okada and two other boats to round ahead.  Okada finished 1st and also won the 2017 ALL JAPAN title.  ‘Great to win!  Very happy.  I have nothing to lose, so just concentrate to win a race. ‘ said Okada.

 

Okada is also the defending champion of the 470 Junior World Championship.  He will sail with a different (younger) crew from Aug 28 to Sep 2 at Enoshima.

 

Mat Belcher enjoyed the depth of 470s in Japan.  ‘Certanly, the ALL JAPAN was great event, and we enjoyed racing against Japanese sailors.  We learned a lot this year, and come back next year!’

 

NIPPON BOYS managed to defend the ALL JAPAN title from the Olympic and World Champions and medalists.  Many sailors, friends and families went out to watch the real medal race – so many RIBs were full.  To overseas visitors and competitors, thank you for coming.  To Japansese teams, more training and come back next year.  See you again in Aug 2018.

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

The latest article

October 18, 2019

August 26, 2018

August 25, 2018

August 24, 2018

August 23, 2018

August 22, 2018

Please reload

Please reload

Please reload

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle

ORGANIZERS

PARTNERS

SPONSOR

Copyright © Int 470 CLASS  JAPAN CHAMPIONSHIPS 2017. All Rights Reserved