top of page

プレスリリース!◆Day4◆ワールド金メダル、岡田/吉岡が同チーム2度目の優勝を飾る

2023年全日本470級ヨット選手権レース最終日


 9月10日、宮城県名取市閖上東須賀・閖上ヨットハーバーで開催された「ピアソンマリン 全日本470級ヨット選手権大会 2023」。最終日は朝から風が弱く、風が吹きだすのを待ってから選手たちは海上へ。レースのできるギリギリの軽風コンディションで2レースおこなわれました。


 決勝ゴールドフリート第4レースで磯崎哲也/関友里恵(ヤマハ発動機)が1位を取って、岡田奎樹/吉岡美帆(トヨタ自動車東日本/ベネッセホールディングス)に迫ります。しかし、最終レースの岡田/吉岡はスタートから磯崎/関を抑えて逆転を許さず。岡田/吉岡は全日本選手権優勝を飾りました。


岡田奎樹コメント

「きょうは上位成績を取ることと磯崎/関チームの前を走ることがポイントでした。今月出場するアジア大会で磯崎艇より速いチームはいないので、自分たちの走りができれば勝てる。(中国杭州の)レース海面に合わせて減量して挑みたい」


吉岡美帆コメント「きょうのレースは磯崎艇を意識していました。1レース目で3位以内に入れば優勝が確定したので、順位を考えながら走らせました。優勝できてうれしいです」(吉岡)


 岡田は5度目、吉岡は4度目の全日本優勝。470級が男女ミックス種目になってから同じペアでの優勝は2度目です。


◎470全日本選手権 岡田/吉岡の優勝歴

2013年 福岡大会 吉田 愛/吉岡美帆

2017年 江の島大会 岡田奎樹/外薗潤平

2018年 江の島大会 岡田奎樹/外薗潤平

2019年 江の島大会 吉田 愛/吉岡美帆

2020年 江の島大会 岡田奎樹/外薗潤平

2021年 江の島大会 岡田奎樹/吉岡美帆

2023年 宮城閖上大会 岡田奎樹/吉岡美帆


 岡田/吉岡は9月後半に中国杭州で開催されるアジア大会(第19回アジア競技大会)に出場後、パリ五輪を目指す国内外のチームとトレーニングをおこない、2024年に始まる日本代表選考(2月スペイン470世界選手権と4月フランス・ラストチャンスレガッタ)に備えます。



2レースおこなわれた470全日本選手権最終日。岡田/吉岡は大きなミスなく磯崎/関を抑えて優勝を飾りました

閲覧数:363回
bottom of page